--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-05(Sat)

讃岐うどん 喜三郎:うどんも天ぷらも妥協のない味

分倍河原駅の北側に、美味しいうどん屋があります。その名は喜三郎。

冷たいぶっかけうどんがオススメとのことでしたので、「おろし天ぶっかけひやひや」800 円を注文しました。

喜三郎(おろし天ぶっかけひやひや)

深めの鉢にうどんが盛られ、海老やオクラなどの、うどんが隠れてしまうほどの天ぷらが載っています。

最初に、あっさりのレンコン天ぷらをかじったのですが、サクサクと軽い歯触りがして、しかも衣までもが香っているような上品な天ぷらでした。エビ天もプリプリです。私は何も考えず、鉢全面にぶっかけの出汁をかけてしまったのですが、この天ぷらのさくさく感と風味を楽しむには、出汁はうどんのみにかけた方が良いかもしれません。

うどんは、麺のコシがしっかりしていて、食べ応えがあります。少し塩の風味がするのですが、この塩が柔らかい感じで、ほのかな甘みもあり、良いアクセントになっています。

香川で食べたうどんに勝るとも劣らない美味しいうどんだと思いましたが、よくよく店名をみると讃岐うどんとなっていまして、さすが讃岐だと思いました。

材料にもこだわっていて、小麦粉は北海道原産、塩は麺の粘りが最大になるよう工夫された「46 億年」というものを使っているそうです。

雨の日に行くと、ちくわ天のサービス券をもらえます。

【追記】

ぶっかけひやひやうどんです。
喜三郎(ぶっかけうどん)

半熟玉子の天ぷらと、小アユの天ぷら。
喜三郎(半熟玉子天と魚天)
半熟玉子天は、かじると半熟の黄身がとろ~りと出てくるのがたまらない。良く食べます。小アユは逆に淡泊なのですが、ふんわりしていて、優しい美味しさがあり、こちらも好きです。

お気に入り度 5:★★★★★

マップ表示

喜三郎(きさぶろう)の周辺地図



外部リンク


スポンサーサイト

このページのタグ

レストラン 和食 雨の日サービス うどん/そば
サイト内検索
  • キーワードで探す
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ
カウンター

府中関連商品など
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。