--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-14(Mon)

石橋供養塔:弁慶ゆかりのオブジェクト

道ばたに何気なく立っていて、よく注意していないと見逃してしまうのが、石橋供養塔です。

石橋供養塔

江戸時代には、橋には霊魂が宿ると考えられていました。その霊魂に橋を守ってもらい、橋の安全を祈願するため、石橋供養塔を建てていたそうです。

ここの石橋供養塔は、かつて野川にかかっていた弁慶橋(弁慶が写経で使用した硯を置いたと言われているようです)の安全を祈願して建てられたものです。

お気に入り度 1:★☆☆☆☆

マップ表示

石橋供養塔(いしばしくようとう)の周辺地図



外部リンク
  • 公式ホームページ無し



スポンサーサイト
2009-12-12(Sat)

武蔵府中熊野神社古墳:日本最古の上円下方墳

なんと、府中には古墳があります。

熊野神社の隣にある「武蔵府中熊野神社古墳」は、京王バスの西府町二丁目/西府町三丁目バス停のすぐ近くにあり、国の史跡に指定されています。

熊野神社古墳(全景)

古墳の形は上円下方墳という珍しいもので、正方形が 2 段重ねになっており、さらにその上に、円形が鎮座しています。時代としては 7 世紀中頃とのことなので、飛鳥時代ですね。

熊野神社古墳(図解)

誰のお墓なのかは、まだ分かっていないそうです。

お気に入り度 3:★★★☆☆

マップ表示

武蔵府中熊野神社古墳(むさしふちゅうくまのじんじゃこふん)の周辺地図



関連記事


外部リンク


2009-11-27(Fri)

府中高札場:貴重な現存高札場

東京都指定旧跡の府中高札場。旧甲州街道と府中街道の交差点(府中市役所前交差点)にあります。

高札場は、江戸時代を中心に掟などを掲示した場所で、その界隈は札の辻とも呼ばれます。市民は、高札を見て世の中の状況を把握していたということですね。

多摩地区に現存する 2 つの高札場のうちの 1 つ(もう 1 つは東大和市の蔵敷高札場)ということで、貴重な存在になっています。

お気に入り度 2:★★☆☆☆

マップ表示

府中高札場(ふちゅうこうさつば)の周辺地図



外部リンク


2009-11-25(Wed)

新田義貞公之像:馬と共に高く

分倍河原駅の改札を右側に出て、橋を渡ると駅前ロータリーに出ますが、そこに新田義貞の像があります。

新田義貞公之像

ロータリーの真ん中にある島に像が建っているため、待ち合わせ場所には使えません。

新田義貞は、1333 年に鎌倉幕府を倒すために挙兵しました。分梅古戦場(分倍河原古戦場)で幕府側の北条泰家と戦い、一度は敗れるものの、逆転勝利を収めています(分倍河原の戦い)。

お気に入り度 2:★★☆☆☆

マップ表示

新田義貞公之像(にったよしさだこうのぞう)の周辺地図



外部リンク
  • 公式ホームページ無し



このページのタグ

歴史 歴史 歴史 公共 歴史 公共
サイト内検索
  • キーワードで探す
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ
カウンター

府中関連商品など
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。