--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-04(Fri)

プラネタリウム(郷土の森博物館内):平面床では国内最大級

府中市郷土の森博物館(博物館と銘打っていますが、公園の中に建物が散在している野外博物館です)の 1 施設として、プラネタリウムがあります。博物館に正門から入ってすぐ右側です。

このプラネタリウム、平面床では国内最大級とのことです。ドームの直径は 23 メートル。座席数は 287。プラネタリウムに入ったときは、300 人近くも収容できるとは思っていなかったのですが、予想以上に大きな施設でした。

座席はスーパーリクライニングシート(?)になっていて、背もたれを水平近くまで倒すことができるので、首が疲れることなく、星を眺めることができます。

上映プログラムは 2 部構成になっていて、前半では本日の夜空の解説、後半でドキュメンタリーとなっています。

本日の夜空は、府中の星空を投影し、見える星座を解説してくれます。星の明るさは実際の夜空に合わせてあるようで、リアルさ満点の反面、星があまり明るくないので、どれが星座なのかイマイチ分かりづらいという面もあります。個人的には、星座解説の際は星を明るめにして、最後に実際の明るさはこのくらいです、みたいな紹介をしてもらえると嬉しいです。

ドキュメンタリーでは、小惑星探査機「はやぶさ」がタンカーほどの小惑星に着陸し、岩石を持ち帰るプロジェクトをドラマチックに描いていました。次々襲いかかるトラブルを、なんとか切り抜け、2008 年 12 月現在、はやぶさは地球への帰還途中です。無事に帰ってきて欲しいですね。

プラネタリウムとは直接関係ありませんが、小惑星探査機はやぶさのあの手この手を面白くまとめた動画がニコニコ動画にアップされています。


プラネタリウム入館料は 400 円で、別途、博物館入館料 200 円が必要です。なお、博物館入館料は、府中市民であれば、免許証等を見せることにより 100 円になります。チケットは上映 10 分前までに買うようにしましょう。

お気に入り度 4:★★★★☆

マップ表示

府中市郷土の森博物館(ふちゅうしきょうどのもりはくぶつかん)の周辺地図



関連記事


外部リンク


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

はじめまして

>どの星座なのかイマイチ分かりづらい

だから最初に東京近辺の空で見える星たちで簡単に星座解説をするのですね。それから、田舎の満天の星空で同じ位置にあることを確認するわけですね。
星が見づらいことは大きな器の難点でもあり長所でもあるんです。光の粒が大きく投影されてエッジが甘くなり淡くなってしまうんです。でもそれが宇宙の広がりを感じさせてくれるんですよね。
あと全天周映像のプロジェクターも反射した映像を投影するので、どうしても暗くなります。ですが、プラネ館でも試行錯誤しているようで、常に最高画質を目指しておられるようです。最初見たとき暗かったのですが、最近では随分明るくなってはやぶさの痛み具合がよりはっきりわかるようになりました。

はじめまして

はじめまして。コメントありがとうございます。

プラネタリウムにお詳しいですね。反射した映像を投影ということは、間接照明のような感じでしょうか。星が暗いのには、そういう事情もあったというのは初めて知りました。

情報ありがとうございました。

お返事ありがとうございました

もっと詳しい方はいっぱいおられますが・・・(汗)。自分なんかは、まだ4館しか行った事がないのでどのプラネタリウムがいいプラネタリウムなのかわかりません。東京府中(広島にも府中にプラネがあるので)のプラネタリウムは星空解説と映像作品という筋立てなので好きなプラネタリウムの一つです。星空解説までも自動のプラネタリウムもあってガッカリしたのが、池袋ですね。川崎は新旧のプラネを使ってのハイブリッドで生解説オンリーですが、話が面白いので気に入っています。お台場のは銀幕がキレイなので映像がキレイですね(生解説は聴いたことがありませんので一回聞いてみたいです)。

誤解のなきよう申し上げますが反射させて映しているのは、後半の「HAYABUSA」や「はるかなる木星へ(12/6終了)」などの映像作品です。ドームに映すとどうやって作っても、ゆがんだ映像になってしまうので、ドーム型にした鏡で反射させて映像をドームに映しているのです。それでもゆがんでしまうんですけれど。

前半のプラネタリウムは、光源<ドームに映る光(光源から発射された光は大きくなって映るのです)ですから、光の強さが減弱されて映っているので暗ったいのです。
だから大きい器の弱点でもあり長所でもあるんです。淡い光の分、空間の広がりを感じることが出来るのが、大きなプラネタリウムの最大の長所ですね。

広島府中に親近感沸きます

広島の府中にもプラネタリウムあるのですか。名前だけでなく共通点があると親近感沸きます。

前半と後半の違いの解説ありがとうございます。前半は、光源を LED やレーザーにすると明るくなりそうですね。空間の広がりという点では、今のままの方が味がありそうですが。

このページのタグ

公共
サイト内検索
  • キーワードで探す
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ
カウンター

府中関連商品など
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。